過去の

開催風景


  
 桟敷窓から見るおひなさま
 
                                                             
  

  




  




  



  




  




  




  


 格子窓から見るおひなさま

  


 

  




  
          
 
 






  人力車に乗れます。

  お着物の方無料です


  


  トトロもペコちゃんも

  

 

  毎年ワーゲンに乗って

  ひなまつり


 

                                                                
 和紙でできています

 

 

お菓子をどうぞ






 理容店の看板

 

  


  美容店の看板

 



  日野椀の展示販売
 
 




 全て毛糸の手製です

 




 お寺でコンサート

  
 
                               
 ピアノ・バィオリン・声楽
  
 




  懐かしいタバコ屋さん

 


                                
 享保時代のおひなさま

  




 




  



 
  


     




  



 ほいのぼりのミニ
  詳しくは 「ほいのぼり」の  ページにお進みください

 


 


 

  


  本町は提灯

 




 がもにゃん真剣な打ち合わせ

 




 本町の曳山

 

 


  お囃子 子供も入って

 

 

 竹筒の上には
   
 

 
キンカン

  




  


仲良し





   
  まちかど感応館の展示

  




  






 街の至る所で、竹の切れ端  に描かれた「おひなさん」が お出迎えです
  

  




   













   由緒がありそうなおひなさま

  




 



 
 近江日野商人館、連日にぎ  わっています。
ここの展示は 素晴らしい。
たくさん飾っています。
いわれが、はっきりしています。
貴重なおひなさんが多いです。

 
 
 

 

お疲れの「がもにゃん」




竹飾り
小さな春の音楽会




今日のお昼は

 







日野のことお知らせしていますo
日渓楽生 ブログ にリンク
日野祭のご案内・祭りの桟敷窓ART
日野まつりの御案内


日野町への行き方
日野町に行くには
日野へ行こう!
祭の桟敷窓アートのご案内
   甦った日野椀
現代の暮らしにマッチした漆器へ
次に日野が面白くなる日のご案内
秋の桟敷窓アートのご案内 へ
日野祭のご案内へ

TOP 桟敷窓ARTに戻る

  

   
     
  昭和の初めにタイムスリップ!

     さじき窓から見るおひな様



       春の訪れを待ち遠しく思う頃、滋賀県日野町では、街あげての「ひなまつり」が行われます。いつか来たことのあるような、

     懐かしさを感じる近江日野の街並み。そんな街の各家々では、江戸時代のものから、現代の手作りのものまで、150か所

     以上で、たくさんのお雛様が飾られます。
さじき窓や格子越しに見るおひな様は、この街独特です。

     街・人・心・お雛様。滋賀県日野町に、一足早く、春を見つけにお越しください。   


   
          春を見つける

                「久しぶりでごじゃる」と嬉しそう。                                
                                                                      ほいと竹飾り 短冊には俳句
     いいお顔をされた近江日野を代表するお雛様    近江日野のひなまつりの展示会場の目印「ほい飾り」


 
         

       桟敷窓から見るおひなさま                                格子越しに見るおひなさま









                               

   日野ひなまつり紀行    


   
 街を巡る。時を巡る。江戸時代から現代に至るまで、  

           
街角に飾られたお雛さま見て歩記         

  
  平成31年(2019年)は、2月10日(日)から3月10日(日)まで開催致します。
     
     司馬遼太郎も、白洲正子も歩いたこの町、いずれも歴史を感じる落ち着いた佇まいに感動しています。

         150か所以上の民家や商家に、お雛様が飾られます。街はお雛様であふれます。日野地域特有の春祭りに
       奉納される「ほい幟」のミニ版ですが、展示します。日野の名物、日野菜漬・あられ・和菓子など販売します。
       日野の伝統漆器「日野椀」・創作人形・陶芸作品など販売します。 日野うどん・甘酒・ぜんざい等 各所でお休み処を設
       けます。料理の会による「ひなまつり御膳」のお食事処を開設いたします。
       日野祭の祭囃子の演奏を披露します。人力車が走ります。落語寄席があります。近江日野商人館では、江戸時代から
       現代までのたくさんのお雛様が展示されるほか、日野の文化や歴史を紹介するイベントがあります。何よりも、懐かしさ
       を感じる日野の街並みの風情と、そしてこのイベントのために自宅を解放して参加されている街の人の温かな人情をも、
       お楽しみください。


本文へジャンプ


平成31年(2019年)の「ひなまつり」は、

2月10日(日)
から3月10日(日)
まで開催



盛りだくさんな催しを企画しています。お楽しみにしていてください。


ひなまつり紀行 昨年2018年の会場案内絵地図  最新はPDFで

   

東会場の絵地図詳しく  PDF  印刷はA3




西会場の絵地図 詳しく PDF 印刷はA3

 

会場への大型観光バスの進入路です

詳しくはPDFで見る 




準備風景
 



 

 

開幕


享保びな

御殿雛

玄関には


ひなみくじ
雛御籤
今年初の企画!お内裏さんとおひなさんからお言葉をいただきましたので

3月1日午後5時15分ごろより 関西テレビ 8ちゃん 
報道ランナー ジュリアのイチオシ
       ここから生中継でした。


薄田ジュリアさん

 
中継を見に来ていた子供達と記念撮影


 
 イベントの中心、特にお食事処などは、2月24・25日と3月3・4日の

土日に集中します。                       

平日にお越しの場合、会場内には、お食事する場所が少ないので、大勢の団体・

 グループの場合は、あらかじめ、お問い合わせして頂いた方が良いと思います。                            

おすすめ


 グループでお越しの方、「専門のガイド」が見どころを

   ご案内します。雛人形のこと、町の歴史のこと、

より詳しく、そして楽しく見ていただけます。 

 事前にお申し込みください。

                
                 詳しくは  日野観光協会まで 0748-52-6577



           



            



       

    今年2018年の催し 
    
   予定です。追加します。変更もあります。

 
  ふるさと館・旧山中正吉邸公開  日野商人の豪邸にての雛人形展 入館料必要 
      絵手紙展・お琴の演奏
・      お茶(街カフェ300円3月4日までの土日のみ)
       昼食も頂けます(ひなまつり御膳 予約優先 土曜日曜祭日のみ) 
        詳しくは下に掲載のチラシを見てください。




 日野商人のひなまつり 近江日野商人館  期間中無休
   日野の商家に伝わる江戸時代から大正時代までのおひな様261点
   和紙人形展・手毬展・達磨展開催中。


 町屋落語寄席   2月25日(日)午後2時から  西田礼三邸にて 500円 
          観光協会にて予約チケット販売中



 
酔宵山コンサート 3月3・4日 11時から
          信楽院さんの本堂にて   
            14組の地元のアーティストが出演・「街カフェ」も

 

 本町の曳山の公開 
 本町山倉前 2月24・25日・3月3・4日 
           絶品!日野うどん・焼き鳥・生ビールも     


 祭り囃子の演奏   2月24・25日・3月3・4日 移動 各所で


 人力車の運行    期間中の土・日・・他も         

         まちかど感応館前 協賛金片道お一人500円 お着物の方無料 荒天は運行休止

 
 
手打ちそば   村井の会所 3月3・4日
  
 

 
  
 善哉・甘酒休憩所  越川町旧小林釣具店
       シルバー人材センターの甘酒・善哉店  2月17日より毎日 木曜は休み


 古民家の休憩所   上鍛冶町 カフェ&雑貨「らっこや」
           おいしいコーヒー と 軽食
            期間中昼食可 「ちらし寿司」「日野なんばん」

           西大路 の「向町カフェ」  昼食可
            月・火・水 休み

 上大窪町お土産店  2月25日と3月3日

 おかみさん市   商店街 3月3日      


 故郷の味!
伝統の味噌風味 日野うどん  本町の会所 
               2月24・25日
  3月3・4日
 

 
餅つき(拍子木、太鼓が入ります)
    
3月4日
 越川町越川町旧小林釣具店 白髭神社奉納餅つき会  


                           
 
「お内裏様・おひな様に変身!」 可愛いお子様の記念撮影に 
             簡単に着られる着物を用意しています。100円

 現代に甦った「日野椀」の展示販売  2月3・4日 正野博隆邸にて


 俳句の会 吟行 句会   3月5日(月) 林業会館にて
              参加費 1000円  一般の方もOKです
 


「手作りのおひなさま」販売 越川町 17日以降以降 毎日時々休み
      
シルバー人材センター手芸クラブ 




 会場巡りスタンプラリー開催 全部回ってお土産ゲット!!


 
 
日野のゆるキャラ 「がもにゃん」突然出没!幸運なら、出会えるかも 



 人間おひなさま、おだいりさまがお出迎え 2月24日、3月3・4日 予定
      日野駅と感応館にて 石楠花大使のお嬢さんによる


 
西田礼三邸公開 日野を代表する商家にての江戸時代のおひな様
         2月24・25日、3月3・4日


             
 
工芸品の展示販売  草木染 2月24・25日
           現代に甦った日野椀 3月3・4日
             いずれも まちかど感応館の前の正野博隆邸にて
           竹・藤つる工芸 2月24・25日
           手作り雑貨販売 3月3日
             いずれも 小島さんのガレージ
           陶人形・陶芸 期間中 中田家・栗田家にて


  
馬見岡綿向神社 神社に伝わる由緒あるおひな様の展示 社務所にて
          2月24日から3月4日まで
   特別企画三十六歌仙扁額 元禄時代のもの

    

 地元のお茶と和菓子を味わう「まちかどカフェ」各所にあります。300円
   
西田礼三邸 新町辻さんの蔵 ふるさと館 ふあみりーサポートセンター
  小林釣具店他  土日のみです


  
ほい猿?の製作体験 厄除け幸運祈願 下鍛冶町会所にて 土日のみ

 全国にここにしかないと思います!
 オリジナル手書き「竹に描いたおひなさま」販売
    このイベントの運営費の捻出です。ご協力ください。
    おひなさまが、夜なべして描きました。
    まちかど感応館・旧小林釣具店休憩所・中田邸にて



 私のおすすめの見どころ


             


 
  
馬見岡綿向神社 神社に伝わる大きな由緒あるおひな様がいくつも
      
    
そして、この神社の守り神はイノシシ!今年の干支です。ぜひお参りください。


 ふるさと館旧山中正吉邸 立派な座敷とお庭に感動します
             
お食事できる日があります。お問合せください

 

かぎやさん 170年の伝統の和菓子そして江戸時代からの古いおひなさま
             創業記念170周年・・ 何かいいことがあるかも・・・

  信楽院さん  本堂の3年かかった大修理が終わりました。
         公開していただけますのでご参拝ください。
        高田敬輔作の雲龍の大天井画が圧巻です。



 桟敷窓から見るおひなさま全国ココでしか見られない
                  新町   小西邸 西田邸 上山邸 
村井邸 中田邸 若村邸

   越川町  小林邸 正野邸  矢島邸  その他本町・大窪でも


まちかど感応館観光案内所  正野本家薬店あと 
         明治・大正・最近のものまでいっぱい


正野博隆邸  江戸・明治?時代のおひなさま       郷土人形コレクション

 

   木田徳さん  享保雛・竹田人形の展示 期間中毎日


大窪 西村邸  享保雛


近江日野商人館日野商人が伝えてきた貴重なお人形がたくさん飾っています。
               
館内は非常にたくさんの人形であふれています。
          正野家に代々伝わる「源氏絵巻枠御殿雛飾り」を展示


南大窪 高井邸  由緒ある享保雛


清水町の落ち着いた街並みと 雛人形の展示


 
新町の西田礼三邸  江戸時代の大庄屋の家 

      
  
田舎暮らしをはじめられた「らっこや」さんのコーヒーとお食事


 
大聖寺さんの「山門・経堂」公開 ご参拝ください


 遠久寺さんの芭蕉の句碑

 
   

 
 元禄雛・享保雛を始め、
    貴重な江戸時代のお雛様の展示個所は、

  
 近江日野商人館、大窪町の西村家、南大窪町の高井家、越川町の木田徳さん、

     越川町の西村家、正野博隆家、まちかど感応館、

     新町のかく福さん、本町のかぎやさん、ふるさと館、綿向神社・・・です



   
          
  楽しんでね

 
探してください!  雛御籤(ひなみくじ)

 お内裏様とおひなさまから あなたに
 
 お言葉がございます。

 
日野ひなまつり紀行雛御籤(ひなみくじ)

  
]
   
            
        
    

 
私たちがおすすめする巡回コース    2時間コース

   

東コース  
さじき窓のある風情ある最高の散歩!です
  
  観光基地の「まちかど感応館」から

  中田邸で雛御籤を引いて

  新町の桟敷窓のある町並み通って、

  昔の大庄屋の西田邸に立ち寄って、 (土日のみ)

  信楽院さんに参拝して、本堂の大天井画を見て(お賽銭をお願いします)

  本町の曳山を見て、お囃子を聞いて、(2月24・25日と3月3・4日)

  かぎやさんでたくさんの古いおひなさんを見て、  
      和菓子を買って、創業170周年の記念品をもらって 3月3・4日のみか?

  ふるさと館旧山中正吉邸にはいって、豪華なお庭を眺めながらお茶と和菓子をいただいて

  綿向き神社にお参りして、由緒あるおひな様を見て

  また引き返してきて、本町で、日野うどんを食べて (2月24・25日と3月3・4日)

  新町を通って、まちかど感応館まで戻ってくる。



西コース  日野商人の歴史をたどる文化的なコースです

  観光基地の「まちかど感応館」から

  中田邸で雛御籤を引いて

  新町の桟敷窓のある町並み通って、

  昔の大庄屋の西田邸に立ち寄って、 (土日のみ)

  村井の会所で「手打ちそば」(3・4日)・「和菓子とお茶」(24・25日)をいただいて

  信楽院さんに参拝して、本堂の大天井画を見て(お賽銭をお願いします)

  呉服町・横町・長嶋町を通って

  昔鉄砲が作られていた下鍛冶町の会所で「ほい猿」の製作を見てを通て、(土日のみ)

  風情のある清水町を散歩して、

  近江日野商人館に入って、たくさんの人形と館長の熱弁を聞いて、

  大窪町にある歴史のあるお寺2か所を参拝して、

  上大窪町の臨時お土産店でお土産を買って、(2月25日と3月3日)

  越川町でシルバーの運営する休憩所で超甘い善哉を食べて、

  まちかど感応館に戻ってくるコースです。


  
各コースを歩いて一巡するには1時間半ですが、

 立ち寄って休憩したり食事をしたり、資料館で説明を聞いたり、

 地元の人とお話していますと 3時間ぐらいかかります。                        
  
 
    
2018年開催風景



祭囃子と人間おひな様




お着物の一行様




中田邸前

土曜日曜は、たくさんの人でにぎわいます。




お内裏様とお雛様から お言葉を頂戴する

いろは「おみくじ」です。大人気でした




ブルーメの丘行きのボンネットバスが走っていました。




西田礼三邸の桟敷窓




おくどさんのある昔ながらの西田邸は

土曜日曜日、にぎわいました。




まちかど感応館・観光協会前

超にぎわった3月3日




おひげを生やした貴重な元禄雛




この家の先代はお菓子屋さんでした。




由緒ある享保雛




日野祭を表した巻物




人力車で結婚披露




やってくれました!

「おいおい だますなよ」




今日は3台 延べ観光バス30台約1100人が来ました。

ようこそ日野へ!!




信楽院でのコンサート





本町さん!今年も曳山の公開有難う!そして





日野うどんも焼き鳥もおいしかったよ!












2017年の開催風景ピックアップ


全国どこにもない


さじき窓や格子越しに見るおひなさま














  











こうした板塀を切り抜いたさじき窓や縁側の格子戸は、5月3日の

日野祭を見るための見物窓です。

詳しくはリンクしています日野祭のページを見てください。




商家に伝わる


江戸・明治・大正時代ののおひなさま



源氏絵巻飾り

豪商ならではの江戸時代の特注です





200年前の享保雛



豪商に伝わる享保雛



大正時代の御殿雛

 

 
商家のお蔵に眠っていたおひな様・神社に伝わる由緒あるおひなさま



徳川吉宗の時代のお雛様



おひなさまだけじゃない


楽しいイベントがいっぱい



人力車・お餅つき

 


[
「がもにゃん」と美女のおひなさん




本格的な歌のコンサート

  


落語寄席 これから始まる




お寺でフォークコンサート ・ぜんざい・・・ 臨時休憩所

  


お茶と和菓子・日野うどん

  


地元の郷土料理 絶品です!

  




古民家のお食事処

  


飾り方も各家で工夫があって楽しい♪

 

車に乗っておられます



和紙人形




これは毛糸の手作り




ええ顔してるう~




無造作にたくさん展示していますが、貴重なおひなさまも、

たくさん展示されています。
和菓子屋さん



おひなさまとお内裏さんに変身ーン





お雛様を飾っている家の目印として

竹筒が玄関に置いていますが、

これの飾りつけが各家で面白いです。


 








 




お寺の門にも



そうですよ、色々あるけれど、みんな頑張ってるのです



竹絵、たくさんお買い上げいただき

ありがとうございました。

このイベントの運営資金に使わせていただきます。





この竹絵、まだ水分のある生の竹に書いていますので、

1年間は、乾燥したお部屋などで飾りっぱなしにしておい

 てください。                   

 紙やナイロンなどで包んでしまわれますと、カビが生えま

す。お買い上げの時お伝えできていなければ申し訳ござ

     いません。
                

もし割れたり虫がついたりしたら取り替えます。

         来年も来てください。
               




いよいよ お別れです。












・・・・・・・・・・








ここからは



2016年の開催風景



 

玄関飾りを作っています。    今年も竹に絵をかいています。

   

   柳の枝を大量にとってきました。その枝には色とりどりの布切れを
結んでいます。これを飾って通りが華やかになりました。
  


日野独特の桟敷窓・・・そこから眺めるおひなさま

v

江戸時代のものだそうです。いい顔されています。



さじき窓には御簾を垂らして、緋毛氈をかけます。



この雛飾りは大きくて天井に届きそうです。




日野の製薬業発祥の家




江戸時代から昭和まで。 おひな様の衣装があり変身できます



享保時代のおひなさん 280年ぐらい前ですかねー






おはよう日本・ウィークエンド関西 生中継です。

 

我が家から中継。出演です。



 

今日の私のお昼       今日の私のお三時




 
正野家のおひな様の由来



豪商の所蔵しているおひなさま 







復興日野の椀の説明会

江戸時代この町の繁栄をもたらした漆器産業の復活



  

本町は曳山を公開       その会所では日野うどんを



  

提灯を吊るしたイベント?        落語寄席です。 



  

遠久寺さんでは、フオークコンサート





天気の良かった日曜日、にぎわいました。





久しぶりの「がもにゃん」



立派なおひな様もいいですが、こんな工夫も素晴らしい

 



運転中

 



お酒やさんのウインドウ






格子越に見るおひなさま





無造作に置いてますが、享保雛です。





豪邸に飾ってある「御殿雛」





最終日3月13日日曜日、天気の良い一日でした。

 

我が家の家族   中国からの・・・和服を着せてもらって・・・



            


御 礼




 
享保さんからの伝言です

    
 訪れていただいた旅の方、ご協力いただいたご町内の方、誠に

  ありがとうございました。落ち着いた風情と暖かな人情のあふれる

  全国屈指の「ひなまつり」になりました。皆様の御賛同と御支援

    誠にありがたく深く感謝申し上げます。            

    また来年お目にかかるまでお元気にお暮しください。             















 このホムペ―ジにお越しいただきまして、ありがとうございました。

普段は静かな街ですが、年に何度か賑わって楽しくなります。

5月3日の日野祭、10月中旬の土日の桟敷窓アート、3月3日

前後の雛祭り、その他、4月の「ほい幟」の奉納される伝統的な

 各地の祭礼等です。是非、日野にお越しください。            


是非、伝統と歴史の街・日野にお越しください。


観光ボランティアがいつでもご案内いたします。日野観光協会にお申し込みください



TOPに戻る桟敷窓ART