野ひなまつり紀行   
   街を巡る、時を巡る。江戸時代から現代まで、
       街角にに飾られたお雛様を見て歩き。

★どこか懐かしい昭和の始め、150軒の商家や民家が展示する、江戸時代から現代までのおひなさま、この風情と各家庭の展示の工夫や軒数の多さは、全国屈指です。
      2018 年は,2月11日(日)から
        3月11日(日)までです


  「日野祭」 宵山 5月2日 本祭 5月3日
      絢爛豪華なそして厳粛な伝統の「日野祭り」 
      800年の歴史その優雅さ、時代絵巻です。
      5月2日・3日は、普段は静かな町が豹変します
   祭りの桟敷窓(さじきまど)アート
        毎年5月2日と3日です。
日野まちなか歴史散策と秋の桟敷窓アート
 2018年 10月の中旬の土日です。

日野ひなまつり紀行(滋賀県日野町・街角お雛さま見て歩記)桟敷窓と人力車日野ひなまつり紀行へ

秋の桟敷窓アートのページに行く

祭の桟敷窓アートのご案内・祭の桟敷窓アートへ

トップページへ

日野祭のご案内

日野祭へ

甦った日野の漆器「日野椀」
  


次に日野が面白くなる日は・・・
 
    
  





日は未定です。






日野まちなか歴史散策 人力車と街並み  





















                       






日野祭、曳山を裏から見る
  









































雪の舞う日野ひなまつり近江のひなまつり日野ひなまつり紀行

詳しくは、ひなまつりのページ(右上に扉あり)

にお進みください。























   
日渓楽生 ブログ にリンク

 
 

安全運転でお越しください

_